雑学

大学に入学してすぐに肺気胸になって、1週間入院した話

大学に入学してすぐに肺気胸になって、1週間入院した話

こんにちは、くらげです。

皆さん、肺気胸って知ってますか?

肺気胸とは、肺の中の空気が胸の中に押し出され、その空気によって肺が押されてしまい、息ができなくなる病気

まあ、簡単に言うと、肺に穴が開いて超息苦しくなるという最悪なものです。

今回は、僕が実際に肺気胸になって入院して手術した話をしていきます。

友達とコインゲームに行った帰りに発症

大学に入ってから1週間くらいでしょうか。

まだ大学の友達もいなかったので、中学の時の友達と自転車でメダルゲームをしにいってました。(行動がめちゃ若い)

メダルゲームも終わり、自転車で帰っていると、いきなり右脇腹に激痛が走りました。

「!!!あれ、、めっちゃ痛い、、」

激痛なんですけど、自転車は漕げる痛みでしたね。

鈍痛という感じです。例えるなら、骨が折れたような感覚でした。

正直、この時点で救急車を呼べばよかったですね。

「なんでいきなり骨折れたんだ、、痛すぎるからかめちゃ息苦しいし、、」

自転車に乗ってるし、家まで後ちょっとだし、とりあえず帰るか、と気力を振り絞り帰宅。

というのも、実はこの日の深夜バスで東京へ行き、スキャンダルのライブを観に行こうとしてたんです!

どうしても行きたかった僕は、この骨折(と勘違いしてる)を「大したことない、2時間寝れば治る」と思い込んでました。

家に着き、ベッドの上に横たわりとりあえず寝ようとします。

「、、、めちゃくちゃ息がしづらい」

ただの骨折のはずなのに、めちゃくちゃ息がしづらいんですよね。

息が途切れ途切れになり、深呼吸すると痛みが脇腹に走ります。

ここで異常に気づき、親に状況を説明。すぐに病院へ連れて行ってもらいました。

すぐに病院へ行き、右胸下あたりからチューブを刺される

病院へ着き事情を説明すると、すぐに先生に見てもらえました。

息がしづらいこと、僕のその時の状況、レントゲンの写真を見た先生は一言。

「これは肺気胸だね。肺に穴空いちゃってる」

?????という感じでした。

右胸に走る痛み、今の状況から頭が混乱してる中、先生は衝撃の一言を僕に告げます。

「じゃあ、肺にチューブ刺すね」

は?

いや、やってくれる先生にそんなことを言うのはおかしいですが、は?って感じでした。

人間の体、ましてや自分の体にチューブを刺すって、一般常識で考えたらおかしいですよね。

しかし、僕に拒否権はないし、頭は混乱状態だし、看護師さんは怖いし従うしかありません。

まず、麻酔を打ちます。普通にこの時点でめちゃめちゃ痛い。

「終わった、、(死ぬほど痛い)」という感じでした。

実際、結構大声をだしていた覚えがあります。

そのあと、体にチューブを刺していきます。

チューブを刺している時は、全身麻酔ではなく意識が普通にあります。

自分の体にいきなりチューブを刺される光景は、とてもじゃないですが耐えられません。トラウマものです。

しかし、めちゃめちゃ叫びつつ、その緊急施術も終了。

やれやれ、一安心、、

なわけがないのです。

その日の夜は、痛みでまじで寝れませんでした。

一生脇腹が痛いので、ずっと声を出してないと耐えられない。

痛すぎることを伝えると、痛み止めを点滴から刺され、気絶するようにその日は幕を閉じました。

地獄の1週間入院生活

こんな状態では、もちろん退院することはできません。

安静にしていれば、自然に治る人もいるようですが、どうやら僕の場合は症状が重く、手術をすることが決定してしまいました。

入院生活、ただ寝てればいいだけなのですが、めちゃくちゃにしんどかったです。

つらかったこと

地獄の入院生活、やはり辛いことでいっぱいです。

辛かったことについて羅列しました。

少し動くだけでも痛いので、寝返りが打てない

右脇にチューブが刺さってる状態なので、まず右に寝返りを打つことはできません。

ずっと右脇を気にしながら生活します。

そうなると、変なところに筋肉が入るし、地獄でした。

トイレに行くのも一苦労

最初の方は痛すぎたので、尿瓶を用いていました。

しかし、大きい方となると話しも変わってきます。

まず、体を起こすので一苦労、そこから歩いてトイレまで行くのですが、脇が痛いので腰を曲げながら歩きます。

ついてトイレに座るのも痛い。一動作ごとに痛みへの恐怖がありました。

風呂に入れず、体が汚くなる

入院したとき、もちろんお風呂に入ることはできません。

なので、看護師さんに体を拭いてもらい、終わりです。

もちろん、それだけでは体が綺麗になるはずもなく、どんどん体は痒くなっていきます。

もうどうしようもないので、石のように固まって過ごしました。

手術開始

ついに手術開始です。

人生初の全身麻酔です。

まず手術台の上に乗り、空気マスクをして点滴を打ちます。

そこから薬を送るのですが、一瞬めちゃめちゃ気持ち悪くなったことを覚えています。

気持ち悪さが落ち着いたところで、ついに眠らされます。

「本当に眠くなるのかな?手術中に起きたりしないのかな?」などの不安点もありました。

「今から眠くなりますよ~」と看護師さんが言い、目を閉じると

見知らぬ天井がありました。こわい。

というのも、手術が終了し、そのまま病室まで運ばれていたらしいです。

右脇のチューブも取れていました。

目は覚めましたが、まだ意識は朦朧としている状態。

鼻に刺さっているチューブを抜き、再度眠りにつきました。

余談

ネットを見ると、「自力で排尿できないため、局部にチューブを刺す。

これを抜く瞬間がめちゃめちゃ痛い」みたいなことが書かれていて、絶望をしていましたが、目が覚めるとチューブは刺されていませんでした。

そのことを先生に聞くと、「まだ若いから大丈夫」とのことでした。

その後、めちゃめちゃ小さい方をしたくなり、トイレに行きましたが、全然出ません。

絶望しつつ、看護師さんに質問すると、「待ってれば出るよ」と言われ、数時間待ちます。

その後、限界直前で出ました。この時も結構絶望しましたね。

この後、1日後に退院

手術後、特に体に不調もなかったので、退院です。

とは言え、1週間寝っぱなしということで、少し歩くと体に筋肉痛が起きたりして災難でしたね。

あと、1週間ぶりのお風呂は気持ち良すぎました。

お風呂は毎日入るに限りますね。

肺気胸は地獄

肺気胸を体験して、感じたことは「まさにこの世の生き地獄」ということです。

できることなら一生なりたくはありませんが、再発率は高いらしいです。

再発率を下げる方法は、「体重を増やして、筋トレする」ことです。

またならないためにも、いっぱい食べていっぱい運動したいです。

痩せ型の人は肺気胸になりやすいので、心当たりのある人は、気をつけてくださいね!