ファッション

tシャツをハンガーにかける?かけない?僕はこう収納しています!

こんにちはくらげです。

先日ツイッターにてこのようなアンケートをとりました。

普段使いのtシャツをハンガーにかけてますか??という質問です。

たくさんの方にお答えいただきました、ありがたいです。

結果としては「かけている」という方が57%、「かけていない」という方が43%という結果になりました。

かけている人が多い、、とはいえけっこう接戦ですね。

世間的にはtシャツの収納の仕方が統一されてないということになりますね。興味深い。

結論から言うと僕はかけていません。

わりとこういう習慣って親からの影響が出ますよね。

僕の家系では代々?Tシャツをハンガーにかけて保管する習慣がなく、いつも畳んで置いてました。

なので今まで意識したことがなく、Tシャツのことへの影響自体も考えたことはありません。

ということでTシャツをハンガーにかけず、畳んできた僕が考えるtシャツをハンガーにかけないというシチュエーションがどういうことを起こすのか見てみましょう。

tシャツをハンガーにかけないで畳んで収納すると、、

襟元がヨレづらくなる

ハンガーにかけていると少なからずtシャツ自身の重さで襟元がよれてしまいます。

とはいえそんなに気にするほどではないと思います。tシャツってわりと軽いですし襟元もしっかり作られているものが多いですからね。

何よりお店や古着屋さんでもtシャツの商品はかけて展示されていますしね。Tシャツへの影響が少ない証拠です。

あ、洗濯後ベチャベチャの状態のままハンガーにかけるのはやめた方がいいかなとは思います。

けっこう重いですから服には大分ダメージが入ります。

僕は洗濯後の普段使う服はこうかけて乾かしてます。

縦に折ってハンガーの中にかける感じですね。

少し乾きづらいですが襟元には優しい干し方になっております。

くらげ
くらげ
これで大分長持ちしますね。

スペースをとる

畳んで収納するということでハンガーにかけるよりもスペースをとります。

ハンガーにかけた方が見栄えもいいですね。

とは言えハンガーにかけても場所を取らないとは言わないので、ここは好みが分かれるところですね。

シワが付いてしまう

畳んで収納すると折りシワが付いてしまいますね。

ハンガーにかけておけばしわは付かず着たいときに着ればピシッとしたものを着ることができます。

これはかけている人からしたら結構な利点ですよね。

とは言え着てれば自然と取れてきますし僕は気にしてないです。

洋服を手に取りやすい

地べたに置いてあるよりも上の方にあった方がものは取りやすいように、地面に畳んで置いてあるよりもクローゼットにかかっている方が洋服をさっと着用することができます。

また、今自分が持っている洋服をチェックしやすいためコーディネートもしやすくなりますね。

収納の仕方にもよりますが僕の場合服と服を重ねてしまっているため下の服が見えません。

クローゼットにかかっていればいっぱいいれない限り洋服が重なって他のものが見えないということもありませんし、非常に快適になりそうです。

僕は畳んで収納してます。

神経質かもしれませんが襟元が弱ってしまうのが嫌なので僕は畳んでいます。

多少ではありますが服の寿命も伸びるとおもいます。

スッキリした空間をとるか服の寿命をとるか。

床に服をおかずハンガーにかけてスッキリした空間をとるか畳んで服の寿命を少しでも伸ばすかどっちかですね。

これは人それぞれ好みがあるでしょうからどっちも試してみてよかった方にするのがいいと思います。

最後までご覧いただきありがとうございます。

ではでは!