雑学

1日1食するとどんな効果があるの?実際にしてみた【やる価値ありです】

こんにちはくらげです。

普通の人たちは、朝、昼、晩で3食を食べる人が多いかと思います。

ですが、僕は今現在、1日1食で生活をしています。

お金がないとか、ご飯を食べるのが嫌いとかそういった理由ではないですよ。

ではなぜ、1日1食にこだわるのか、その理由を紹介していきます。

1日1食にこだわる理由

眠くならない

1日3食だった頃は、お昼ご飯を食べた後はすぐに眠くなっていました。

多分、食べ物を消化する段階で、沢山のエネルギーを使っていたのでしょう。

頭も体もだるいし、重い。何をするにも半歩遅れる、といった具合。

しかし、1日1食にしてからというものの、まず日中に眠くなることはほとんど無くなりました。おかげで思考力、行動力がグンと上がりました。

1日1食の利点は、けっこうこの、「眠くならない」という効果がでかいかなと思います。

食費が減る

朝ごはんに食パンを食べて、昼ごはんに牛丼を食べる。

という人が多いと思います。これで500円くらいですね。

まあ、十分安いとは思いますが、1日1食にした場合、お金がかかったとしてもコーヒー一杯飲む程度。

朝昼の食費が、100円で済みますね。

この時点で、1日3食の人と1日1食の人とで、400円の差が出ています。

たかが400円と思うかもしれませんが、この400円も、1ヶ月もすれば12000円です。

1日1食にすれば、大分節約になる効果がある。ということがわかりますね。

時間が増える

朝昼晩ご飯を食べる人の時間を、1日90分とすると、人間は、一生のうち約6年も食事の時間がある。ということらしいです。

そう考えると、凄まじい時間ですよね。

ですが、1日1食にすることにより、食事時間は単純計算で三分の一になりますから、4年分も節約できます。

1日1食には、時間を大幅に節約できる。という効果もあることがわかりますね。

やる気が出る

1日3食の頃よりも、やる気が出てきます。

「stay hungry」という言葉を、ご存知でしょうか。

あの有名なiphoneを作り出した、スティーブ・ジョブズが放った言葉です。

意味は「貪欲であれ、馬鹿であれ」らしいです。

スティーブ・ジョブズらしいお言葉ですね。

気づいたことなのですが、「stay hungry」を直訳すると、「お腹が空いた状態であり続けろ」となりますね。

実際、お腹が空いている状況だと、やる気が出てくるのです。

いやいや、普通お腹いっぱい食べた方が、元気は出るはずでしょ!と思う方も多いと思いますが、

お腹いっぱいになると、消化の為にエネルギーを使う為、存分に力を発揮できないのです。何か継続して、集中しなければならない場面では、一度ごはんを抜いてみるというのも、一つの策ですね。

無理せず少しずつやろう

ここまで、1日1食をするとどんな効果があるのか、について語ってきましたが、無理せず自分のペースでやっていくのが1番ですね。

ここまで長々と語ってきた僕ですが、完全に1日1食、というわけではなく、お腹が空いてきたときは、たまにピーナッツなどをつまんでいます。

「1日1食と決めたからには、絶対に食べちゃダメだ!」と意固地になるのは、あまりお勧めできません。

僕自身、そのように意固地になっていたせいで、反動でドカ食いしてしまったり、逆にやる気が起きなくなった時もあります。

まずは、朝ごはんを抜いてみたり、ご飯の量を減らしてみたりして、少しずつ自分の体を慣れさせる。というのが大事だと思います。

やってみる価値あり

メリットが、たくさんある1日1食。やってみる価値は大いにあるかな、と。

とはいえ、人はみんな、同じ体質ではないので向き不向きは必ずあります。ムリは禁物です。

食事を摂らなかったせいで、倒れてしまったり、気分を悪くするようなことがあったら、それこそ本末転倒です。

少しずつ、自分のペースで続けてみて、自分に合いそうと思ったらやってみる。というのがいいのかなと思います。