雑学

ミニマリストとシンプリストの違いとは?物を大事にして生きる人達

ミニマリストとシンプリストの違いとは?

こんにちはくらげです。

つい先日、興味深い動画がYouTubeにアップされました。

こちらのリンクから飛べます!

簡単にまとめると「ミニマリスト」と「シンプリスト」の違い、共通点、特徴について話し合っています。

この対談を聞いて僕が感じたことを自分なりに解釈してまとめていきたいと思います。

ミニマリズムは一つ一つを際立たせること

ミニマリズムとはミニマリストの思考や行動のことですね。こちらは物を極限まで減らすことにより今あるものを際立たせるという状況を生み出しています。

普通の人は何かを目立たせたい時ただ高価なものや派手なものなどに目をつけるかと思いますが、ミニマリストは逆に物をなくして目立たせるという全く逆の発想をしています。

そうすることで部屋はスッキリとして余白がいっぱいになりなぜか部屋に高級感、特別感が生まれます。

部屋がごちゃごちゃしていない分自分が集中できる、余計な思考をしないで済むという空間が生まれるため作業の効率化も測れます。

くらげ
くらげ
この現象に感動を覚えミニマリストになった人も少なくないはず(僕もその一人です)

シンプリズムは物に協調性を持たせる事

シンプリストの考え方はミニマリストと同じようで違います。

ミニマリストは物をできる限り減らし、言うならばスッキリとした空間を作り出しますが、シンプリストは物に協調性を持たせ足並みをそろえさせる事で気持ちいい空間を作り出す、というイメージですね。

色々な色がごちゃごちゃあるより、白と黒のものだけに限定するという考え方ですかね。これはただの例ですがこういう感じかと。

あとはデザインがその名の通り、シンプルであることが大事です。

皆さんに馴染みのあるブランドでいうと、無印良品やユニクロなどですね。このへんなら、リーズナブルかつクオリティが高い商品が多いのでコスパがとても高いですね。

くらげ
くらげ
物の足並みが揃ってる感じかな

定義はない

今ご紹介したミニマリスト、シンプリストですがこれ!といった定義はありません。

敢えて僕が定義を定めるとしたら

自分がそう思ってるかどうか

ですね。自分自身がそうであると思っていたらもうその人たちは立派なミニマリスト、シンプリストです。

他人に「君はこれを持っているし、こんなに物の量があるからミニマリストではないね」と言われるのは何かがおかしいと思います。

他人に定められるものではない。という事ですね。

逆に言うと自分自身が「これを持っているからものが多いかも、自分はミニマリストなのか?」と疑問を持っているのなら、ミニマリストではないのかなと思います。

ミニマリストは自分が自信を持っていいと言えるもののみを持っている、と考えられます。

少しでもいらないと思うものはもはや持っていないのです。

だから自分が「これは絶対に必要だ」と思うものしか持っていないなら、他の全人類がなんと言おうとその人はミニマリストであると考えられます。

シンプリストでも同じことを言えますね。人それぞれシンプルだと言えるものは違います。

こればかりは育ってきた環境や元々の感性などがありますから、

それを否定することは、その人自身の考えを否定することにつながりかねないので気をつけましょう、

くらげ
くらげ
間違ってもひとを否定することはNG

無理してなろうとしない

時々自分がミニマリストでなければならないという考えの方がいるかもしれないですけどそれだと本末転倒感も否めません。

元々自分の生活を豊かにするために、ミニマリストになるのですからそう言う思考に縛られて人生が楽しめないと言うのは正直勿体無いかなと。

自分が豊かになるための課程なら全然いいと思いますが、どうせなら楽しく自分のペースで続けていって欲しいなあと思います。

くらげ
くらげ
ゆっくり行こう

ミニマリスト→シンプリストへ

僕も少し前までミニマリストだったのですが、冒頭に乗せたyoutubeの話を聞いていると僕シンプリストなんだろうなと言う考えに至りました。

物を極限まで減らそうとは思わないけど、シンプルな物には心が躍る。そして物の協調性を図りたい気持ちでいっぱいです。

とはいえ物はできる限り少なくしたい。ということで、

ミニマリストとシンプリストのハイブリッドと言ったところですかね。

何が言いたいかと言うと、無理せずいいとこ取りしていこうと言うことです。

では、楽しいミニマリスト、シンプリストライフを!