雑学

内向型シンプリスト「くらげ」ってどんな人?外交型だと勘違いしていた内向型の軌跡

内向型シンプリスト「くらげ」ってどんな人?外交型だと勘違いしていた内向型の軌跡

こんにちはくらげです。

突然ですが、この世には、大きく分けて、3種類の人間がいます。

それは、外交型人間内向型人間、それと両方の性質を持った両交型人間です。

簡単にまとめると

外交型人間

・色々な人との対話など、自分自身の外側から、エネルギーを得ることができる

・ドーパミンが出にくいので、スリルや刺激を積極的に求める

・思考より行動を先にする

内向型人間

・落ち着いた空間で、一人で過ごしたりして、自分自身の内側から、エネルギーを得ることができる

・ドーパミンが出やすいので、少量の刺激で満足する→疲れやすい

・行動より思考を先にする

両行型の人間は、内向型、外交型、二つの性質を持っていると言われています。

この性質、知っている人はあまり多くないと思います。また、多くの人は、興味すら抱かないかと。

僕自身、知ったのは、半年ほど前で、その時は「ふーん、そんなのあるんだぁ」と、人ごとのように、考えていました。

自分のことを「外交型」である。と勘違いしていた

人が集まるようなイベントには、出来るだけ参加して、人と関わるように努めてきました。

「人と話す、仲良くするのは義務であり、人として当たり前のこと。当たり前のように出来なければいけない。」と、思っていました。

これが、僕の中では常識で、当たり前なのです。呼吸と同じような感覚ですね。

呼吸と同じような感覚なので、無理をしている意識はありませんでしたが、実際は、大分無理をしていたんですね。

21歳で大学を留年、休学

遂に、大学に入学してから、ボロが出るように。

「大学生は、友達をたくさん作らないといけない、サークルに入って、遊びまくらないと」という、大学生強迫概念のようなものが、僕の中には、生まれていたんですね。

いくら外面が良くても、典型的な内向型の僕に、多くの人間と仲良くしたり、多くのイベントに参加するというのは、多くの負担がかかります。

それに気づかず、「空いた時間が、あったらダメだ!少しでも、他人とコミュニケーションを取らなければ!」と、何かに取り憑かれたかの様に、動き続けました。

本業である、大学の勉強はそっちのけにしてたので、もちろん単位は足らなくなり、留年をしてしまいます。

それから、半年は、大学に通ったのですが、根本的な考え方が変わらなければ、何も変わりません。

単位も全然取ることができず、何をしているのか、わからなくなり、1年間休学をしました。

休学中は、自堕落な生活をする

休学中、僕は、「作曲」の勉強をする。という理由で、大学を休みました。というのも、実は、バンドをやっています。

「作曲の勉強をする」という、大きな目標があれば、自分としては、休学しやすいなぁと思った次第です。

実際、作曲の勉強はしていたのですが、やはり、生活自体が、壊れてしまったので、勉強スピードも超低速。

まず、大学に通えなくなった者に、勉強も何もありません。

お金も無くなってしまい、バイトをしつつ、作曲の勉強を、ほんの少し行い、疲れたら寝る。という生活をしていました。

「ミニマリスト」という存在を知る

休学中、バイトをしていたのですが、このバイトが最高でした。

というのも、一人で車で目的地へ向かい、作業をするのですが、車中では、言ってしまえば、自由なんですよね。

なので、僕は、音楽を聴いたり、映画、YouTubeを見たりして、楽しんでました。

いつものように、YouTubeを見てると、「ミニマリストしぶ」という方の動画を、見つけました。

なんとなく、その方の動画を見て、超衝撃を受けます。

冷蔵庫も家具もない生活、365日同じコーディネート、一日一食で過ごす、家賃は2万円など、今までの僕の常識を、全て覆されました。

こんな生き方、考え方があるのか」と思った僕は、その日から、少しずつ捨てる生活を始めました。

まず、写真やおもちゃ、卒業証書などの思い出の品、収納家具や勉強机、大好きな服も、1番の物だけに絞り、全捨て。

一気にではなく、少しずつ。僕には、時間だけはあったので、徐々に部屋には何も無くなりました。

すると、頭の中にあったモヤが少し、晴れました。というのも、部屋にある物って、知らず知らずのうちに、自分の脳みそに、影響を与えてるんですよね。

休学中に、ミニマリスト的考え方を学ぶ

休学中、ミニマリスト的考え方を学んだ僕は、大学に戻ることを、決めました。

親に頼み込み、一人暮らしを始め、完全に生活を一変。

服を固定化、持ち物をモノトーンに統一。物をなるべく持たない生活を始め、休学を始めた一年前とは、生活を一変。

また、自分が内向型である。ということも知れました。これが大分大きい。

大学に通いつつ、日々の生活を発信してます。

なぜミニマリストではなく、シンプリスト?

ここまで、ミニマリストに影響を受け、変わった僕ですが、なぜシンプリストくらげという名前なのか。

人それぞれ、ミニマリストの定義が違うのは、重々承知しているのですが、僕の中での僕の生活の形が、ミニマリストとは言えないんですよね。

アウターも減らそうと思えば、まだ減らせるし、冷蔵庫と掃除機も無くすことができる。

しかし、今の僕の生活には、必要不可欠です。

という意味でも、僕はミニマリストというよりは、物の色や、雰囲気が統一できているシンプリストかな。と思い、名前をシンプリストくらげにしています

くらげは、本当に適当につけました笑

名前に、濁点か「ン」が入ってると、有名になりやすい。という、謎ジンクスを信じた結果でもありますね。

現在は、内向型シンプリストとして、Twitter、ブログ、YouTubeを運営中

現実では、22歳大学生3年生

僕の今の状況を、包み隠さず言うと、大学を休学、留年した22歳大学3年生です。

今まで休んでいた分、ツケが回ってきており、2019年12月現在、多忙すぎる日々を送っています。

そんな日々ですが、この人生の記録が、他の方々の役に、少しでも立たないかなと思い、ネット上では、「内向型シンプリスト」として活動中。

僕の日々の発信から、すこしでも、元気や知恵を与えることができれば、嬉しいなと思います。

これからも、内向型シンプリストくらげを、よろしくお願いします。

何か、質問やコメントがありましたら、YouTubeか、TwitterのDMで、お気軽にお待ちしてます!

YouTube https://www.youtube.com/channel/UCMGyVWwxMZhTXwluvgc404A?view_as=subscriber

Twitter https://twitter.com/home