映画

「365日のシンプルライフ」という映画を観ました【ミニマリストになりたい人は観るべき】

「365日のシンプルライフ」という映画を観ました

こんにちはくらげです。

つい先ほど、「365日のシンプルライフ」という映画を観ました。

結論から言うと、正にこれからミニマリストにこれからなりたい!という方や、ミニマリストの生活ってどんな感じなんだろう?と、気になっている方はぜひ、観てほしいですね。

実際に元ミニマリストの僕が観て、どのように感じたかを書いていきますね。

簡単なあらすじ

物を沢山持っていて、十分に幸せなはずなのに、何かが足りない。

そんな青年が「物の大切さ」に気づく為に、とある実験を行います。

その実験とは、「家にあるものを全て倉庫に持っていき、1日1個まで家に持ち帰れる」というもの。

そして、1年間何も物は買わない。というぶっ飛んでいるルール。

そんな生活の中で、「物の大切さ」に触れて何を感じるのか、

また、人間関係はどのように変化するのかを綴った映画です。

何もない部屋の気持ち良さ

最初主人公は、パンツも服もない真っ裸の状態からスタートします。

そんな状態で、真っ先に手に取るのは全身を隠せるコートでした。

フィンランドが舞台ということで、外は寒いですしね。

そして、部屋へ帰り一夜を過ごすのですが、主人公は「ぐっすり眠れた」と言っていたのです。

まあ、裸でコートの状態かつ、部屋に何も物がないという初めての経験をしたので疲れたから、というのはわかりますが。

逆に、こんな裸にコートの状態でもぐっすり眠れる!という事実に注目してしまいました。

この事実は、物がなくても一夜を過ごせる。ということを示していますよね。

最初の段階から、「なるほど」とうなづいてしまいました。

人間関係は少し変わる

このように、ぶっ飛んだ実験を行なっているので、友人からは「頭がおかしくなったと思った」と言われてしまいます。

これって、現実のミニマリストもよくある体験ですよね。

自分にとって、快適な空間を作るために、物を極限まで減らしていると、周りから「どうしたの?」とか「お金ないの?」など心配されます。

正にミニマリストあるあるですね。

こればっかりは、どうしようもないですよね。主人公は少し考えていましたが、それでも実験を続行。

現実では、他の人に心配されて、ミニマリストを辞めてしまう。というケースもあるかもしれませんが、この「365日のシンプルライフ」の主人公のように、まずは目標を定めてみて続けてみる。というのも大事かもしれませんね。

まあ、この映画の場合は目標設定がぶっ飛び過ぎてるので、小さい目標からスタートしましょう。

あくまで、志を参考にすることがいいかと。

沢山の物がなくても生きていけるに気づく

主人公は、この実験を行うことによって、「本当に必要なもの」「本当は必要ないもの」の両方を分かっていきます。

これって結構分かっているようで、分からないですよね。

今使っている物が、生きていく上で絶対に必要なものなのか?それとも不必要なものなのか?

これを曖昧なまま生きている人が、この世には沢山いるように感じます。

「本当に必要なもの」と「本当は必要ないもの」の線引きをしっかりと行うことによって「本当に必要なもの」の価値はより一層高まるのではないでしょうか。

物は100個あれば十分

主人公は「物は100個あれば十分、これからは人生をより豊かにするために物を増やそう」

と言っています。

確かに人は、100個くらい物があれば十分に生きていけるのでしょう。

しかし、一度きりの人生、より豊かに、より幸せに生きたいですよね。

ですがなんとなく買い物をしていてもただ物が増えるだけで、豊かになることは無いのです。

「人生を豊かにするために買い物をする」という意識を常に持ち続けたいですね。

ミニマリズムを学べる映画

この映画は、ミニマリズムを学べる映画ですね。

ミニマリズムとは、ミニマリスト、つまり物を出来るだけ少なくしている人々の考えですね。

沢山のものがあっても、幸せにはなれない。だけど、ただ減らせばいいわけでは無い。

人間関係の移り変わり。どのような感情の変化になるのか。などミニマリズムが何たるかを教えてくれます。

僕自身、改めてミニマリズムについて考えさせられました。

「365日のシンプルライフ」まだ観ていない人はぜひ一度見て欲しい映画です!

>>>  Amazonプライムで映画を見る