コラム

高い目標を立てて失敗することは悪いことではない。メリットを紹介します

こんにちは、くらげです。

よく聞く話に「高い目標を立てるべきではない。」というような話がありますよね。

というのも、高い目標を立てて失敗すると、やる気が出なくなる可能性が高いからかと。

しかし、僕の考えでは、「高い目標を立てて、どんどん失敗していこう」

という考えを推していきたいです。

少しでも手をつけたなら、成功

多分、高い目標を立てて失敗した時、やる気が出なくなる人の共通点として、「その時した行動を全て無駄だと考えている」

というものがあるように感じます。

結果が出なかったから、意味がない時間を過ごしてしまった

→やる気が出なくなる、行動力低下

という流れがあるかと。

しかし、コンマ1ミリでも行動した時点で、その人は成長をしています。

それが、例え1ミリも成果が出ていなかったとしてもです。

自分の中にあるものを、アウトプットしようとしてる時点で、経験値を多少なりとも稼いでいるのです。

全く意味がないことをする方が、難しいという話です。

失敗という言葉に振り回されない

目標という言葉には、失敗という言葉が付いて回ります。

人間は、失うことに非常に敏感です。

なので、失敗しないことばかり考えてしまい、本来の目的を忘れてしまうこともしばしば。

自分が何をすべきなのか、しっかりと考えて行動する必要がありそうです。

「失敗しないように行動」ではなく、「目的を達成するために行動」するようにしよう。

高い目標を立てると、モチベーションが上がる

高い目標を立てることの最大のメリットは、立てた時にやる気が一気に上がることと言えますね。

モチベーションが上がれば、行動力も一気に向上です。

この時に、どれだけ行動できるかが鍵になりそうです。

スタートダッシュを大事に、そのモチベーションを維持していけるといいですね。

最初に踏ん切りがつかない!という人は、まず高い目標をつけていくのもいいと思います。

とりあえず行動しよう

ここから、少し話を深掘りします。

この記事を、読んでくれている人の中には、「高い目標を立ててしまい、失敗。それから自信を喪失し、行動力や挑戦する心がなくなっている」という人がいるかと。